FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26広島でフフフ…。



6/26に広島までチヌを追いかけて行ってきました。

六月はトーナメントや例会で貧果が続き、ストレスも溜まる一方で…。

グレも行きたいけどチヌを釣ってから行きたいと考えてました。

6/25発売のチヌ倶楽部に広島のとある場所が紹介されていたを目に!(◎_◎;)

これや!溜まったストレスを発散できる場所はここしかない!

スグに渡船に問い合わせすると、まだまだ釣れているとのこと。

行きます!と返事して仕事を終わらせすぐ準備、1時に大阪出発!
4時半ごろ広島到着。
かめや釣具本店でオキアミ、サシエ、集魚剤を購入。
混ぜ混ぜして集合場所に到着。

船に乗りこんで上がった場所は…
----
養殖牡蠣のイカダの上です。この上に板を敷いて釣りをするという変わった感じでした
 
水深も15mとのことで撒き餌が効くまでは底、そこから段々浮いてくるとのことで、ポイントを作るためせっせと撒き餌を打ち込んでいきます。
 
最初は紺水Mの2B/2Bで水深どおりにタナを設定しスタート
 
30分ほどがんばりますがエサもとられません。
 
潮もゆっくり動いてはいますがたまにボラが見え隠れする程度で雰囲気は微妙でした。
 
ところが・・・
 
ウキがゆっくりとシモリはじめます。
 
アタリかどうかは半信半疑で見えなくなったらあわせたらいいわくらいに思っていたら。。
 
ほんとに見えなくなるくらいウキが入ったのであわせてみると・・・
 
チヌっぽい引きです 笑
 
タモ入れすると・・・
 

 
ひさびさの再会です。
 
 一気に連荘するかなと思いましたがそうはいかずおんなじサイズがポロポロつれる程度でおまけにサバが寄り始めます。しかも30センチくらいのええサイズです。しかも結構引きます・・・
10枚くらい釣ったところでサイズは変わらずアタリも遠のき始め、休憩を挟んで再開すると完全に潮どまり・・
タナを変えたりするも一向に気配がなく午後2時ごろになってゆっくり潮が動き始めます。
撒き餌は余るほどあったので打ち方をパラ打ちに変えタナを2ヒロに変更すると面白いように連荘し始めます
最終的には海面とはいきませんが、視認できるようになるところまで浮いてきました。
 
ここで30分くらいの間に5枚釣れ当日の最大サイズ49センチがつれ納竿となりました。
 
しかし広島ってのは大阪とはまた違う面白さがあります。
 
撒き餌の打ち方を工夫すればもっと釣果は伸びたのかなと反省点もありましたが・・
 
当日の最大49センチ
 

 
 
 
 
 
一日の釣果
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。