スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログモニター 報告�

ようやくエギングに行くことができました!!
 
先週は現地に向かうも雨、風の洗礼を受け、カッパを忘れた為棄権・・・。
 
今回は抜かりなく準備し水曜日の夜明けから丹後半島は蒲入から実釣スタートです。
 
とはいうものの前日の大雨よる濁りと相当荒れたらしく朝一はかなりうねりが残ってるようです。
実際波止からスタートしましたが外向けは時折波がテトラの隙間からシャワーのように出てきます。
 
何投かしましたが雰囲気がないために移動します。
 
次は新井崎ですがここも濁りがひどく釣りにはならないと判断しさらに移動。
 
次にむかったのは伊根です。
ようやく濁りなく、うねりの影響もないエリアに入ることができました。
 
が・・・エギンガーがそこらじゅうにいます・・・。
蒲入、新井崎が釣りにならないからでしょう。
平日ですが土日並にいるような気がします。
漁港内の釣りなので投げるスペースがそんなにとれないので数投して移動を決意。
 
も~ここから迷子です。

あっちこっち移動しまくります。
が、状況は芳しくなく、先行者に声をかけても良い釣果ではないとのことです。

夕方も近づきそろそろ最後の場所を決めていかないと…。

風裏、濁り、を考えて最後の場所は音海にしました。

上瀬、日引、神野浦、と回り最終的に音海…。一体どんだけ走り回っとんねん。

大波止に到着しましたが青物が回ってるらしくエギングしてる人の姿はありません。

風もまあまあ吹いているので学校裏へ移動します。

こっちは風裏になっておりたくさんのエギンガー、ヤエン師がいます。

ちょうど波戸の真ん中が空いていたので
周りに声をかけ入らしてもらいます。

そこで粘ること約2時間…。
日も暮れて暗くなりだした頃にバタバタと周りで釣れ始めます。
地合い到来です(^ ^)

一投ごとに期待を込めてしゃくりあげます。




そして…





どちらもヤマシタのエギ王新色夜光カラーです。
やはり夜中は夜光が効きますね^^
 
この日は闇夜で長潮というこもあり時合も短く、日が暮れてから1時間で周りもバタバタ釣りあとはぱったりと
アタリも遠のく感じでした。
 
回遊待ちだったこともあり釣れるまでには時間がかかりましたがしっかりと結果が残せたので今回はよしとしましょう(笑)
 


ここに参加しています。
詳しくは下記リンクまで↓↓↓
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。