スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新なるか!?

前回マルキューのチヌイベントのお話をしたと思いますが今回は前回の48センチのエントリーを更新すべくまたまた南港は丸高渡船へ!

先週あたりから南港はチヌの釣果がたくさん見えるようになりだいぶ期待しての出船となります。

今回のレシピ



サシエにはオキアミ、コーン、練り餌を用意。

丸高渡船に着くとよく見る顔ぶれが(笑)

ウチのチームの大御所もマルキューのエントリーを狙いこられてました(^^)

今回は山本さんと相方と一緒に新波止は白灯へ。

平日ですがのませのブリ狙いや、サビキの鯵狙いの方も多く15名での出船。

天気もよく、珍しく風邪もさほど気にならず釣りには最適な一日でした(笑)

釣果は?

まずはビックリなのが黒夢の山本さん。
僕の隣でしたが12匹に1バラシ。
棒ウキを使われておりウキを見ていても微妙なアタリからスパッと入るアタリまでをバシバシ掛けてはりました。





僕は?
こんだけ!




46.5をアタマに35くらいのチヌでした。

今回のアタリはコーンのみ
コーンしかつれませんでした。
オキアミ、練り餌は瞬殺され多分フグと思いますがコーンだけしかアタリが出ませんでした。

ウキは紺水のS.M、遠投紫水の2B/3B
でした。

で、例の記録は更新できたのか?
いーえ(笑)できませんでしたf^_^;)

残るはあと1ヶ月。

あと1度は行きたいとこですが…。

さてさてどーなることやら♪( ´▽`)
スポンサーサイト

釣士道 オール九州in大分県 米水津②

続きです。

宿毛に着いたのは夜中の12時でした。
荷物を車に積み込みコンビニに寄り翌日の食料を買い込み目指すは由良半島の古川渡船さんの仮眠所へ!

ここは四国士道会の会長の幼馴染のされてる渡船屋さんだそうです。

仮眠所ですが実際は旅館です。
すごく綺麗なところでしたよ(≧∇≦)

古川渡船さんありがとうございますm(_ _)m

そこでも夜中の3時までプロレスの話題や昔の大阪の学生の武勇伝に盛り上がりよーやく就寝。

翌朝4時半過ぎに起床(笑)

急いで着替えて渡船乗り場へ!







5時45分に港を出て沖磯から順に降りて行きます。

東海士遊会の3名、四国士道会会長は沖釣という沖磯へ。

関西士道会副会長、和歌山士道会副会長はオオザルという磯?だったと思います。

そして僕は四国士道会のゴルゴこと新田さんと!



念願叶って一緒の磯で釣りする機会に恵まれました(≧∇≦)

上がった磯はわかりませんけどね(笑)

でもあんまりグレの活性は良くなかったらしく最初の磯ではカワハギやらでかいアオブダイやらでグレの顔は見れませんでしたが新田さんはグレにイサキと厳しいながらもしっかりと釣っておられました!

途中、近くの磯で釣りされてた関西、和歌山の両副会長から磯がわりの話が出たので次は地釣という磯へ!



沖向きに両副会長、新田さんと僕は地方向きに釣り座を構えて残りの時間を楽しみます。

ここは本流がガンガン流れる今まで体験したことない釣り場でした。
瀬戸内の小豆島や牛窓も早い流れの釣り場でしたが更に上いく流れでぶっちゃけ戸惑いましたが新田さんより攻め方を教えていただきながらやってみると木っ端オナガがお出迎え(笑)

ウキをB/2Bに変えたら良いとアドバイスをいただきウキチェンジ!
ウキ止めの位置をいじりならやっていると今度は30をまわるオナガちゃん

沖向きではデカイサカナが見え隠れとか…







黒田さんもこっちにこられて僕の竿で…。しっかり釣りはります。
やっぱりみんな上手いですね!

楽しい時間も刻々と過ぎ、もー終わりかけ寸前のところで30後半のオナガを釣ることができ納竿としました。

デカイ口太を狙っての釣行でしたがオナガを流れる中バチバチとできたので満足してます(≧∇≦)



みんなで釣った釣果です。

何時に出発したのか全く覚えてませんがそこから家に着いたのは11時ごろ。
楽しい時間はあっという間に過ぎました。

いろいろ段取り、お世話していただきました四国士道会の皆様ありがとうございました!

また必ず行きます(≧∇≦)

デカイ口太釣らせてください(笑)

釣士道オール九州in大分県 米水津

10月12日 世間は3連休初日。
昼の12時に豊中市の某ファミレスに…。



何の集まりかというと。

これから九州に行くんです。

大阪を午後3時ごろに出発し、四国は高知県宿毛を目指し、フェリーに乗り、九州は大分県佐伯市に行きます。

まずは静岡県、愛知県から参加される方々と釣士道事務所で合流。

そこから車2台に別れていざ九州へ。

途中、Y社長オススメのラーメン屋さん
徳島県鳴門にある、三ハ【サンパ】へ
めっちゃ美味いラーメンでした。
支那そばというジャンルだそうです。

そこから徳島道に入り、高知道を乗り継ぎ南国SAで四国のメンバーと合流。
四万十町を経て宿毛に入ります。

ここから九州へはフェリーを使います。


宿毛から佐伯まで約3時間の船旅です。
みんな眠たいですが…Y社長のイタズラが始まるのを恐れてあんまり寝れません(笑)

九州へ到着後、宮崎士水会の皆様が迎えに来て頂き現地まで連れて行ってくださいました。

集合場所に到着し、受付を済ますとすぐ開会式が始まります。

今回の大会は90名の参加だそうです。








船に各自乗り込みいざ米水津の磯へ!

港を出て1番目に名前を呼ばれ降りた磯は… 名前がわかりません。

一緒に降りたのは…。

東海士遊会 副会長の池永さん


東海士遊会の吉田さん


わりと広い磯でした。
しかし折からの強風と若干のウネリで釣り座は限られますがなんとか1日釣りは楽しめました(^^)

1番楽しめたのは。
池永さんのイガミ8連発(笑)
こんなにイガミいるの?ってくらい(笑)
キャーキャー言いながら。
笑わしてくれました。
イガミ兄さんの誕生ですな(笑)

肝心のグレは35.6ぐらいの口太が一枚釣れたのみ。吉田さんも同サイズの口太が釣れたのみ。

カワハギ、イガミ、キタマクラ、イズスミ、アイゴと全員五目達成でした。

納竿時間いっぱいまで竿を出しましたが二匹目のグレの顔は見ることができず大会は終了となります。

帰港後、検量を済ませ、荷物をまとめてる間にしばしの歓談Time。
普段なかなかお会いできない方々とお話することができました!

ほんとは写真撮りたかったのですがまさかの電池切れ。
デジカメも電池切れ_| ̄|○

何しとんねん!?

結果発表ならびに表彰式が始まります。
ここからは釣士道番長のFacebookの動画をご覧ください!
笑あり、涙あり?、考えさせられる内容ありの素敵な大会でした。

ウキという一つの道具を通してこんな遠い場所で釣りができるとは磯釣りを始めた時には思ってもいませんでした。

この大会を運営された福岡遊士会の皆様、港までの送迎をしていただいた宮崎士水会の皆様、参加された全ての皆様に感謝致します!
ありがとうございました!

そして帰りも宮崎士水会の皆様にお世話になり、道の駅で入浴、食事をとり佐伯港まで送っていただきお別れします。

で、帰りのフェリーですが。
全員客室に入り撃沈(笑)


この方が1番疲れたのでは?



またまた3時間かけて宿毛に帰ってきました。
ここで四国の方とは何名かお別れです。
翌日は由良半島で釣りの為、コンビニで、買い出しをして渡船屋さんの仮眠所に移動します。
【後半へ続く】

久々のホームグランドにて

何ヶ月ぶり?数えてみたら5ヶ月ぶり。
前回はGWに行ったきりの南港へ。

よーやくG杯も終わり、秋に突入。
しばらくはマルキューさんのこの大会の出場権を獲得したいのでしばらく通います。
(写真は昨年度のモノ)



とにかく対象渡船で釣りをして11月末までに釣れた魚でエントリーすること。
各渡船の上位3名が12月の大会に招待されるという内容です。

これに出たいが故の出撃でした。

で、朝は4時に南港はTポートで餌を購入。
今回は…。


チヌパワームギ以外を使うのも久々です(笑)

サシエはオキアミ、これも新発売のくわせネリエサイエローを用意。
しかしコーンを忘れ、あとでえらい目にあいます。

5時半出船で向かったのは新波止の白灯台側です。

常連の方と一緒に上がり、救命胴衣の箱2つ目と3つ目の間に釣り座を構えることにします。

今回のタックルは
アテンダー2 0.6-53
ラインは道糸バーテックス1.35、ハリス バーテックス1.25
ウキ 紺水M B/2B
ハリ チヌ競技2号

まあいつもの仕掛けです(笑)
足場が6mあるので風が吹き出したら、ナマリを足す為に2B/3Bにチェンジするくらいで普段はいつもこれからスタートします。

撒き餌を打ち仕掛けを入れると早くもエサ取りが…
正体は?


表層はボラ、中層にはアジで、サシエが通りません。
生、スーパーハード、ボイル、瞬殺です。
ネリエも全く通りません。

少し離れたところで常連さんはチヌをかけてます。

撒き餌が効いてるならソロソロ?なんて考えてしまいますが、サシエが通りません(笑)
写真のサイズのアジが何匹も釣れる為、少し竿を置き常連さんに話を聞きにいくと…!



サシエが違いました!

すっかり忘れてました!

まあ仕方ないですね。

ネリエを少し大きめにハリに付けてキャストを繰り返すと…。
少し潮の流れが緩んだ瞬間!

スパッとウキに反応が!



上がったのは48センチの微妙なサイズです。

なぜ微妙か?エントリーするには微妙だからです。
普段なら万々歳ですが、50近くないと決勝ラウンドには厳しいです。
でも釣れたことには正直嬉しいです。

この後も引き続き頑張りましたが、潮はとまり、撒き餌はなくなり、11時半には納竿。

無事エントリーは済ませました。

安心できるサイズではないので南港でサイズUPを目指して頑張るか?渡船を変えてエントリーするか?あと2ヶ月しかありません。



次はいつ行けるかなあ~(^^;;
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。