スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島の続きは

お待たせしました!!
 
続きをどうぞ!!
スポンサーサイト

6/26広島でフフフ…。



6/26に広島までチヌを追いかけて行ってきました。

六月はトーナメントや例会で貧果が続き、ストレスも溜まる一方で…。

グレも行きたいけどチヌを釣ってから行きたいと考えてました。

6/25発売のチヌ倶楽部に広島のとある場所が紹介されていたを目に!(◎_◎;)

これや!溜まったストレスを発散できる場所はここしかない!

スグに渡船に問い合わせすると、まだまだ釣れているとのこと。

行きます!と返事して仕事を終わらせすぐ準備、1時に大阪出発!
4時半ごろ広島到着。
かめや釣具本店でオキアミ、サシエ、集魚剤を購入。
混ぜ混ぜして集合場所に到着。

船に乗りこんで上がった場所は…
----
養殖牡蠣のイカダの上です。この上に板を敷いて釣りをするという変わった感じでした
 
水深も15mとのことで撒き餌が効くまでは底、そこから段々浮いてくるとのことで、ポイントを作るためせっせと撒き餌を打ち込んでいきます。
 
最初は紺水Mの2B/2Bで水深どおりにタナを設定しスタート
 
30分ほどがんばりますがエサもとられません。
 
潮もゆっくり動いてはいますがたまにボラが見え隠れする程度で雰囲気は微妙でした。
 
ところが・・・
 
ウキがゆっくりとシモリはじめます。
 
アタリかどうかは半信半疑で見えなくなったらあわせたらいいわくらいに思っていたら。。
 
ほんとに見えなくなるくらいウキが入ったのであわせてみると・・・
 
チヌっぽい引きです 笑
 
タモ入れすると・・・
 

 
ひさびさの再会です。
 
 一気に連荘するかなと思いましたがそうはいかずおんなじサイズがポロポロつれる程度でおまけにサバが寄り始めます。しかも30センチくらいのええサイズです。しかも結構引きます・・・
10枚くらい釣ったところでサイズは変わらずアタリも遠のき始め、休憩を挟んで再開すると完全に潮どまり・・
タナを変えたりするも一向に気配がなく午後2時ごろになってゆっくり潮が動き始めます。
撒き餌は余るほどあったので打ち方をパラ打ちに変えタナを2ヒロに変更すると面白いように連荘し始めます
最終的には海面とはいきませんが、視認できるようになるところまで浮いてきました。
 
ここで30分くらいの間に5枚釣れ当日の最大サイズ49センチがつれ納竿となりました。
 
しかし広島ってのは大阪とはまた違う面白さがあります。
 
撒き餌の打ち方を工夫すればもっと釣果は伸びたのかなと反省点もありましたが・・
 
当日の最大49センチ
 

 
 
 
 
 
一日の釣果
 

目標

まあ今年のトーナメントは昨日のG杯で終了したわけですが・・・
 
いろいろと学ぶことも多い数ヶ月でした。
 
①まず運が大事
②いろんなつり方を勉強する必要性
③あきらめないこと
 
どれも大事なことには変わりありませんが、まずはきっちりと目標を決めてそれに向かって練習していきます。
G杯はもう終わりましたが、年末からのマルキューの大阪湾チヌ出場に照準を合わせて練習にいそしんでいこうと思う今日この頃でした。。。

そしてG杯へ

まあリール無くすわ散々な家島釣行でしたが、無事にリールもゲットして6/3の黒夢の例会に参加しました。

結果は一枚だけ…。

会長と同じ場所に上がりましたが会長は二枚。

激流流れる川で釣りをしていました。

そして本命のG杯へ!

家島続きの続き

とまあそんな感じでやっていたわけですが、あとにも書きますがやはりタナの設定がここではものすごく大事なことに2週間もかかってしましました。
この家島釣行、6/3の黒夢例会、6/5の牛窓下見とすべて2ひろ半前後での仕掛けから始まり、深く入れたり、固定にしたりと浅く浮かせることは完全に頭から外れてました。
 
ましてや大阪湾と違い居つきのチヌではなく、回遊メインのチヌ、ノッコミも終盤のチヌです。
 
これに気づいたのは6/5の釣行の際、船長さんがいわれていた事です。
 
ただしここ家島では気づきませんでした・・・。
 
当然ながらPBをくらい。
 
相方は小さいながらも2枚ゲット。(これもタナは浅めでした。)
 
陸にあがり、残った撒き餌を捨てるのももったいないので地方の磯で釣りしますが、あいにくの雨・・・
それも雷のおまけつきです。
 
コリャやばいと急いで片付けて車に戻り帰路に・・・
 
しかしここで前代未聞の不幸が・・・
 
なんとリールをなくしてしまったのです・・・・
 
ありえません。
 
続く
 
 
 

家島釣行の続き…

さて、続きです。
のんびりブログなんて書いてる余裕もない出来事が…。

とはいえ、続きは続きなんで。

まあ、朝はドタバタしましたが、地元の方の好意で渡船屋さんを紹介いただき、いざ5時すぎに家島向けて出船しました。

上げてもらったのは、磯ではなく、地方のゴロタ石の積み上がった場所でした。

相方が磯初心者だし、最近釣れだしたからということでココになりました。

撒き餌を作り、撒きまくり、仕掛けを作りだしたころに地元の漁師さん達が養殖イケスを海に投入!
しかも一基ではなく次々に…。
それは撒き餌を打ったポイントの真上でステイ!
(ーー;)
(ーー;)(ーー;)
(ーー;)(ーー;)(ーー;)

これが延々続く訳です。
しかも漁師さんはエンジン全開でポイントの上にあるイケスを引っ張りに繰り返し来ます。

眩暈がしました…。

イケスが流れてきてはポイント移動。
撒き餌を打ったらイケスが流れてくる。
200m近くはポイント移動した気がします。泣

そんな釣り開始から途中までの模様でした…。

まだまだ続く…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。